Gallery Slide Show

Photo-HATRIXでは、毎年撮影した静止画作品からチョイスし、元日から年末までの軌跡をたどるスライドショーを企画。いくつかの風景が季節や時間によって変わる楽しさを味わえるはずです。カレンダーもご覧あれ。


2010 写真作品抜粋スライドショー

この年では、年明けからの冬、新潟では26年ぶりの豪雪になり、夏では全国的な記録的な猛暑になった。撮影したい人にとっては厳しいけれど、通年とは違う風景を見る機会が多く、それなりに新鮮な年だったのかもしれない。しかし、急激な気象業況が変化することにより、生活する人々にとってダメージが生じる不安はある。2011年はどうなるのか気にはなる。

※ 2010 写真作品抜粋スライドショー
※ 2011カレンダー

page topへ

2009 写真作品抜粋スライドショー

この年では、冬の雪、長雨、からっとした夏、そしてまた冬の雪が到来した。しかし、秋の紅葉がいっせいに赤くなる状態がなく、ばらばらに散っていったような気がした。何だか物足りない紅葉のみならず、さらに夕焼けすらも少なくなったようで、朗らかな赤がなえてしまったようだ。今後、昔と同じ季節を感じることは難しくなるのではないか。

※ 2009 写真作品抜粋スライドショー
※ 2010カレンダー

page topへ

2008 写真作品抜粋スライドショー

この年では、春夏秋通じて真っ赤な夕焼けで染まっていた日が多かった。夕陽の度には、自転車10分程度の海岸に出向き写真を撮っていた。そのとき気づいたことは、雲の模様と赤の濃さ、さらに風と波の強弱などにより、まったく違う夕焼けを観賞できることだ。つまり叙情を感じる赤で、心のキャンバスに心象風景を絵の具のように描く作業になっているのか。

※ 2008 写真作品抜粋スライドショー
※ 2009カレンダー

page topへ